昭和名作館

音楽・映画・本など・・・昭和作品あれこれ。

「銀座の恋の物語」~~ふたりの愛をつなぐ歌

銀座の恋の物語
1962(昭和37)年/日活
監督:蔵原惟繕
出演:石原裕次郎/浅丘ルリ子/ジェリー藤尾/江利チエミ/清水将夫/清川虹子/高品格/和泉雅子/深江章喜/牧村旬子
主題歌:「銀座の恋の物語」石原裕次郎・牧村旬子
            「東京の日曜日」石原裕次郎
挿入歌:「ノッポの彼氏とオチビの彼女」江利チエミ


1961(昭和36)年にリリースされた石原裕次郎・牧村旬子のデュエット曲『銀座の恋の物語』を題材とした青春歌謡映画です。
当時の銀座の街並みをたっぷり堪能できるのがとても楽しい!撮影には日活銀座(オープンセット)も使われています。

 

【あらすじ】
絵描きの伴次郎(石原裕次郎)は、ジャズピアニストの宮本(ジェリー藤尾)と同居し、二人で夢を追っていた。
次郎には、隣のブティックでお針子をしている久子(浅丘ルリ子)という恋人がいた。紆余曲折を経て、結婚することとなった次郎と久子。信州にいる次郎の親に二人で会いに行く約束の日、久子は駅に現れず、そのまま行方をくらましてしまう…。 

 


古典的な恋愛青春モノです。
事故を発端にした恋人同士のすれ違いと、夢を追う貧しい芸術家たちの成功&転落ストーリー。
ベタな展開なので、何となく先が読めちゃいます。それでも見どころはそれなりにあるし、この時代を知るにはとても良い作品かと思います。
ジェリー藤尾がなぜ捕まってしまったのかという点に関しては、この時代についてよく知らないと理解できないでしょう。私も初見の時はよくわからず、色々調べました。当時を知らない人間としては、とても勉強になった作品でもあります。

牧村旬子と江利チエミのステージが観られるのは嬉しいですね。
婦人警官役の江利チエミは、スタッフの勘違いでステージに押し出され、開き直って「奴さん」を歌います。また、別のシーンでは「ノッポの彼氏とオチビの彼女」を歌います。こちらは高島忠夫が作詞・作曲を手掛けてます。

裕次郎はルリ子にハンドバッグを買ってあげるために自分の絵を売り、ルリ子は裕次郎の絵を飾るための額縁を買う…。
このへんのすれ違いストーリーは、オー・ヘンリーの『賢者の贈り物』をモチーフにしたのでしょうかね。
『賢者の贈り物』といえば、20年以上前に「ズームイン!朝」の時間帯によく放映されていたシャディのCMを思い出します。あれは名作でした。

二人で信州に行く約束の日、ルリ子は待ち合わせの新宿駅に現れず、そのまま消息を絶ちます。
携帯やらネットやらが普及して便利になってしまった現代では本作のようなドラマは成立しないでしょうが、この時代であれば、本作のような話もありえなくはないかもしれませんね。ただ、ルリ子が行方不明になってしまった後の行動については、ちょっと???な点も多いのですが、まぁ細かいことはあまり気にしない。
ほんの少し昔までは、駅での連絡手段といえば掲示板のみで他に連絡の取りようなどありませんでしたが、そんな時代が無性に愛おしく感じられます。
人との約束をとても大事に大事にしていた時代のお話です。

夢を追うが現実は厳しく、そこで踏みとどまれるか堕ちていくのか。
そこには一人ひとりに様々な物語が展開されるわけですが、とにかくこの時代の銀座には、日本には、夢と希望が満ち溢れていた。
ビルの谷間に響き渡るトランペットの音色に、この時代の若者のエネルギーを感じます。

どうでもよいけど、本作を観ると無性に芋とタコ焼きが食べたくなります。
焼き芋とタコ焼きを用意して、モグモグ頬張りながら観たい作品ですね(笑)