昭和名作館

音楽・映画・本など・・・昭和作品あれこれ。

「愛の渇き」~~飢えた女のなれの果て

愛の渇き
1967(昭和42)年/日活
監督:蔵原惟繕
出演:中村伸郎/浅丘ルリ子/山内明/楠侑子/小園蓉子/志波順香/岩間隆之/石立鉄男/紅千登世


三島由紀夫原作『愛の渇き』の映画化作品。
激しい嫉妬と強烈な支配欲に駆られた女の破滅の物語である。


未亡人の杉本悦子(浅丘ルリ子)は夫亡き後も杉本家で同居を続け、義父の弥吉(中村伸郎)と関係を持つようになっていたが、それで悦子の心が満たされることはなかった。
純朴で若い園丁の三郎(石立鉄男)に徐々に惹かれてゆく悦子だったが、女中の美代(紅千登世)が三郎の子を身籠ったことで激しい嫉妬に駆られ…。


原作未読なのでなんともいえないが、この作品は映像化されたものよりも活字を追いながら色々と想像を巡らせて楽しむべき作品なのかなぁと、なんとなく思った。
純文学の映画化って、やはり難しいのでしょうね。

ルリ子が演じる悦子という女は、自分の中の空虚な感覚を常に何かで満たさなければ気が済まない人らしいが、その手段が男にすがることだけというのは、何とも寂しい人間だ。
死んだ旦那には散々浮気されて嫉妬に苦しめられ、夫が亡くなると義父と関係を持つようになるが、そこに愛があるわけではない。三郎に徐々に惹かれるようになったのは、温もりに溢れた純朴な彼の笑顔が心を潤してくれたからというのもあろうし、煌めく若い生命力にある種の羨望のようなものもあったのかもしれない。
若い力あふるる逞しい三郎への激しい欲求を抑えられずにいるが、最後に三郎から激しく迫られると奇声を発しながら逃げ回る。そこに自分に対する愛が全く感じられず、単なる暴力的な欲求でしかなかったから…ということなのだろうけれど、だからといって一方的な激しい憎悪からあのような惨劇を引き起こしてしまうとは。
歪んだ愛情はときに凶器にもなり得るというのは理解するが、映画だとそこに至るまでの描写にちょっと限界があると感じた。
周囲の人間に対して散々酷い仕打ちをしてきたにも拘らず、自分は「愛が足りない!愛が足りない!」と叫び続けるなんて、なんとも滑稽な画でしかない。
人に何かを求めるよりも、自分で自分を満たすことが出来る賢さがこの人には一番必要だったのでは。

原作は高い評価を受けているようだが、正直この映画の良さはあまりよくわからなかった。単なる「気狂い奥様の妄想絵日記」みたいになってしまっているのがなんとも…。
私は三島由紀夫の世界観は結構好きなのだけど、それを映画で表現することの難しさを感じた。この作品は未読なので、あまり偉そうなことは言えないのだけど。それでも映像はとても美しく、画面全体からムンと漂うルリ子の色香と、キラキラと輝く石立鉄男の笑顔にドキリとさせられる瞬間は多々あり。
原作を読んだ上で再度鑑賞したら評価も変わるかも。

ルリ子は当時26歳ですか。渡り鳥シリーズでお嬢様役をやってた頃の可憐さとはまた違って、妖艶な美しさがあっていいですね。
美しいルリ子を眺めるには最高の作品かも。