昭和名作館

音楽・映画・本など・・・昭和作品あれこれ。

「日本侠客伝 昇り龍」~~ 一世一代の昇り龍

日本侠客伝 昇り龍
1970(昭和45)年/東映
監督:山下耕作
出演:高倉健/藤純子/中村玉緒/片岡千恵蔵/鶴田浩二/荒木道子/天津敏/伊吹吾郎


高倉健主演の日本侠客伝シリーズの10作目。前作と同じく、火野葦平の『花と龍』の映画化作品である。
前作とは時代も異なりストーリーに繋がりはないため、前作を観ていなくとも十分に楽しめる。


大正時代半ば。小頭組合を結成しようとしていた若松・玉井組の玉井金五郎(高倉健)は、旅行先の武蔵温泉で闇討ちにあう。金五郎を助けた彫師のお京(藤純子)は、一目惚れした金五郎の体に昇り龍を彫る。若松に戻った金五郎は、荷役を巡って共同組の友田(天津敏)から喧嘩状を叩きつけられ一人で現場に向かうが、島村(荒木道子)の仲裁により手打ちをすることになる。金五郎を救うためにお京が島村に仲裁を頼んだのだった。
時は経ち、昭和初年。失業した権造の転職資金の援助を巡って、金五郎と友田は再度対立。島村と元任侠の島崎(鶴田浩二)の助けを借りて市民大会を開いた金五郎だったが、友田の子分らが会場を襲撃、島村が刺されてしまう…。


明治時代を舞台に金五郎とマンの夫婦愛が描かれた前作に対し、本作は金五郎とお京の男女の物語となっている。

舞台が昭和に移ると、機械化の煽りを受けて権造たちが失業していったり、この辺りにも時代の流れを感じる。

前作ではチラッと登場しただけだった「どてら婆さん」こと島村ギンが本作では大活躍。肝の据わった女任侠を荒木道子が演じているのだが、これがなかなかのド迫力。荒木道子と鶴田浩二のものすごい存在感に、健さんが主役だということを一瞬忘れそうになる。
どうでもよいけど、「どてら」の意味がわからなかったので調べてしまった。うちの地元では「丹前」と呼ぶので、「どてら」という呼び方は初めて聞いた。勉強になりましたわ。

報われることのない愛を一途に貫き、儚く朽ちていくお京は本当に美しい。藤純子は本当にお京のイメージぴったりだ。いまにも息絶えそうな身でありながら、最後に金五郎に会う前に紅をさそうとするところに、女の一途で純粋な恋心を感じずにはいられない。

また、金五郎とお京の関係を知るも咎めることをしないマンの懐の深さに、改めて夫婦の愛を認識させられたのだった。


どてら婆さんに関しては、火野葦平の『女侠一代』では主人公となっており、1958年には清川虹子主演で映画化もされている。
本は絶版になっているし、映画もDVD化はされていないようだが、機会があればこちらも観てみたい。

【ビデオ配信】日本侠客伝 昇り龍