昭和名作館

音楽・映画・本など・・・昭和作品あれこれ。

「日本侠客伝」~~命をかける侠客道

日本侠客伝
1964(昭和39)年/東映
監督:マキノ雅弘
出演:高倉健/大木実/松方弘樹/田村高廣/長門裕之/伊井友三郎/藤間紫/藤純子/南田洋子/三田佳子/津川雅彦/安部徹/天津敏/内田朝雄/中村錦之介


高倉健主演の東映の任侠モノ『日本侠客伝』シリーズの第一弾。
組同士の対立に、恋愛、人間ドラマも絡めて、たっぷり魅せてくれる。


作業を巡って対立する、運送業者の木場政組と沖山運送。
木場政が亡くなると、沖山の連中はわざわざ木場政組の近くに事務所を構え、警察まで取り込んであれこれ嫌がらせを働く。
そんなとき、辰巳の長吉(高倉健)が軍隊から帰って来る。木場政組は長吉を小頭に立てて、どうにか組の立て直しを図る…。


このシリーズ、観ている順番がメチャクチャなのだが、特に問題ないみたいだし気にしない。

シリーズ第一弾となる本作では錦之介が特別出演していたりと、出演者がなかなか豪華!

ただ、主役の健さんがなかなか出てこない。やっと出てきたと思ったらなんとも地味な登場の仕方。イマイチ盛り上がりに欠けるな~なんて思ったりもするが、そこは脇がちゃんと魅せてくれる。
特に、お調子者キャラの長門裕之なんかは、かなりいい味出してる。こういう役やらせたらホント上手いね。彼が思いを寄せる相手が南田洋子ってのがまたなんともね。この頃にはもう結婚してるんだよね。

物語が盛り上がりを見せるのは後半、町中の男連中を集めて材木運搬するあたりから、一気に面白くなってくる。
このシーンがホントに熱い!!ほとばしる情熱や、男の汗臭さ、熱気が画面全体から溢れて直に感じられるような…自分も加勢しているような気分になっちゃって、腹の底から湧き上がる興奮を抑えきれない。

この勢いそのままに突っ走りたかったところだが、討ち入りシーンはちょっと物足りない。
錦ちゃんにピストルは似合わないと思うのだがね。ドスで激しくやり合うところが見たかったな~。そもそも、錦ちゃんは任侠モノがあまり似合ってないのかもしれないな。いや、カッコイイんだけどさ。元々は錦ちゃん主演で企画していたみたいだけど、やっぱりこの人は時代劇の人なんだな~と改めて思ったのだった。

錦ちゃんの扱いが中途半端なような気がするし、全体的にちょっと散漫な印象はあるかな。

不完全燃焼の感はあるけれど、健さんたち木場政の連中の男気に惚れたわ。
一本筋が通ってて、人への思い・愛があり、命を懸けて信念を貫き通す。現代ではなかなか理解されない部分もあるのかもしれないけれど、今の時代にこそ大切にされるべき精神というものが、彼らの中に見える。
そして、三田佳子や藤間紫には、物言わぬ静かな中にも凛とした強さを感じる。ただひたすらに美しい。

何も知らずに健さんを待ち続ける藤純子が、切なくて泣かせます。

【ビデオ配信】日本侠客伝