昭和名作館

音楽・映画・本など・・・昭和作品あれこれ。

「トラック野郎 御意見無用」~~男・桃次郎の物語、ここに始まる。

トラック野郎 御意見無用
1975(昭和50)年/東映
監督:鈴木則文
出演:菅原文太/愛川欽也/中島ゆたか/佐藤允/夏純子/湯原昌幸/春川ますみ/夏夕介
主題歌:「一番星ブルース」菅原文太・愛川欽也


菅原文太主演の大ヒットシリーズの第一弾。
当初シリーズ化の予定はなかったが、この作品の大ヒットによって急遽シリーズ化が決定した。


桃次郎(菅原文太)は、盛岡のドライブイン「くるまや」で出会ったウエイトレスの洋子(中島ゆたか)に一目惚れしてしまう。その後、桃次郎は青森で出会ったお調子者の千吉(湯原昌幸)を仲間にするが、それを気に入らないジョナサン(愛川欽也)と仲違いする。
そんなとき、九州からやって来た”関門のドラゴン”(佐藤允)が、桃次郎にワッパ勝負を挑んでくる…。


笑いあり涙ありの、むさ苦しい野郎どもが魅せる人間ドラマ…娯楽映画としては最高でしょう!!
こういう娯楽作品をもっとテレビで放送してくれたらいいのになぁって思うけど、このシリーズの場合はちょっとお下品シーンが多いから、今の時代に地上波ではなかなか放送できないんだろね。まことに残念なことでございますな。

トラック野郎シリーズは何作か観たことがあったのだが、第一弾の本作はこれまで観たことがなかったのだ。
今回が初鑑賞だったのだが、オープニングから爆笑!!!

桃さんみたいなオゲレツ勘違いおバカちゃんもサラッと演じ切っちゃう菅原文太ってやっぱスゴイよなぁと、改めて感心してしまった。
湯原昌幸・夏夕介・鈴木ヒロミツ・安岡力也…と、GS出身メンバーがたくさん出演しているのも、GSファンの私には嬉しい。

桃さんはワッパ勝負でドラゴンに負けてしまうんだけど、千吉乗せずに桃さんだけで勝負してたら、邪魔も入らず勝てたろうに。それでも、グチグチ言い訳しない桃さんは男だわ。
今回のライバル、佐藤允が演じるドラゴンもイイ男よ。口髭を蓄えた佐藤允はビックリするほどチャールズ・ブロンソンにそっくりで、凄まじくカッコイイ。惚れ惚れしてしまうわ。

桃さんとジョナサンの関係も、なんだか微笑ましくていいなぁ。海で褌一丁の男同士がキャッキャ言いながら水をかけあうシーンなんて、おまえら青春映画かよ!!ってな感じで、むさ苦しいオッサン二人がキラキラ輝いてて笑える。

千吉の愛の告白、自責の念に駆られるジョナサン、明らかになる洋子の秘密…と、後半の展開は泣ける。
特に、洋子が桃さんに好きな人の存在を打ち明ける場面。
洋子の後ろに石川啄木の歌碑がある。よく見なければわからないが、この歌碑に刻まれているのは、以下の短歌である。
「やはらかに柳あをめる 北上の岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに」
切ない短歌の内容も相まって、胸が締め付けられるような思いがひしひしと伝わってきて涙を誘う。

ねぶた祭りや仙台七夕まつりの美しい風景も、劇場の大画面で見たら感動もひとしおだろうな。

お下品でメチャクチャなんだけど、今の時代の作品にはない、ほとばしる熱いエネルギーを感じるシリーズよね。
こういう映画が撮れるって、やっぱり昭和って良い時代だったんだな~と思うわ。