昭和名作館

音楽・映画・本など・・・昭和作品あれこれ。

「進め!ジャガーズ 敵前上陸」~~最強サイケデリック・コメディ、ここにあり!

進め!ジャガーズ 敵前上陸
1968(昭和43)年/松竹
監督:前田陽一
出演:ザ・ジャガーズ(岡本信/宮ユキオ/沖津ひさゆき/宮崎こういち/佐藤安治/森田巳木夫)/中村晃子/尾崎奈々/てんぷくトリオ(伊東四朗/三波伸介/戸塚睦夫)/内田朝雄/大泉滉/南道郎/レイコ・ミツコ/三遊亭圓楽/パンチガールズ(荒井千津子/園江梨子/杉本マチ子/比嘉照子/藤田憲子)/泉アキ/東山明美/青山ミチ


グループサウンズ全盛期にはGSを起用した映画も多く撮られている。
本作はジャガーズ唯一の映画出演作で、ポップでサイケなギャグ&パロディ満載のドタバタコメディ!
中原弓彦(小林信彦)が脚本を手掛け、カルト映画としての評価が高い作品である。


金塊受取人と間違われたジャガーズの信(岡本信)と、そこへたまたまやって来たホテルのボーイ・伊東(伊東四朗)。秘密を知ってしまった二人は、金塊密輸団から命を狙われることになる。ホテルをクビになった伊東はジャガーズのバンドボーイとして雇ってもらうことになるが、その後も横浜ドリームランドやサマーランドで密輸団に追われたりと、おかしな事件は続く。
ジャガーズのメンバーはスキー場へ演奏に行くが、そこで信は雪子(尾崎奈々)と恋に落ちる。しかし、雪子は密輸団のボス・鬼頭(内田朝雄)の娘だったのだ…。


この作品、当初はスパイダースが主演の予定だったのが、諸事情により急遽その役がジャガーズに回ってきたのだ。
何本も主演映画を残しているスパイダースやタイガースと比べるとレア度も高く、それがこの映画の評価をさらに高めているような気がしないでもない。
ジャガーズの当時の映像ってほとんど見ない気がするので、動いているジャガーズを見られるというだけでも、この映画はかなり貴重なものなんじゃないかと思う。

メンバーの演技はなかなかヒドイ(笑) でも、その棒読み演技がすっごいツボにはまってクセになるんだよね。岡本信ちゃんの飄々とした感じがすごくイイ味だしてる!!

脇を固めているメンバーもなかなか強烈。

ゴールドフィンガーもどきの、世界征服をたくらむ金塊密輸団の首領・鬼頭(内田朝雄)。キンキラキンの安っぽいガウンがまた、特撮の悪役っぽくてイイ感じ。
リンドン・ジョンソン、毛沢東、ハロルド・ウィルソンらとも取引するワルで、ジョンソンに対しては「ゲバラが死んだからって喜んじゃダメだよ!ベトナムも勝たなきゃダメ!!」などとアドバイスを送っている。どんだけ偉いんだよ(笑)
内田朝雄は、何気にすごいハマリ役!!
ちなみに、この役は当初三島由紀夫に依頼したらしいのだが、時間が無くて断られたそうな。

そして、キモナルシスト警部・円楽師匠!!こーれーが、オイシイところを持ってっちゃうんだよね。
「星の王子さま」のキャッチ・フレーズで売り出していた頃だから、それに絡めたネタをぶっこんでくるくる(笑)

3人揃っているてんぷくトリオが見られるのも嬉しい!伊東四朗はジャガーズのバンドボーイ、三波伸介・戸塚睦夫は内田朝雄の手下と、敵・味方に分けて配役されているんだけど、これがまた絶妙なバランスを生み出しているのよね。

 

名作映画のパロディ

パロディも次から次へと!!
西部劇のシーンは『続・夕陽のガンマン』のパロディ。
信ちゃんはクリント・イーストウッドっぽい雰囲気がちゃんと出ていてカッコイイ!中村晃子の「パンツなんて知らないよ!」には爆笑!最後は「いじけた野郎(=伊東四朗)」「ちょっといかした野郎(=信ちゃん)」のテロップまで!(元ネタはイーストウッドが「the Good」、リー・ヴァン・クリーフが「the Bad」、イーライ・ウォラックが「the Ugly」)。何気にパロディシーンに結構凝ってるんだよね。
ほかにも『第三の男』『気狂いピエロ』などのパロディあり。
もちろん元ネタを知らなくても十分楽しめる。

なんてことはない、GSアイドルが悪の組織に追われて戦うってだけの話なんだけど、そこに色々なネタをぶっこんでくるセンスが凄いんだわ。ホントやりたい放題、こんなメチャクチャな映画、他にあんまり観た記憶がないわ(笑)

とくに終盤、舞台が硫黄島に移り、終戦を知らない旧日本兵役の南道郎が出てきてからが最高に面白い。
横井さんや小野田さんが帰国するのがこの映画の公開から数年後だから、この時代まだこういう日本兵がどこかに隠れていてもおかしくはないんだよなぁ…とか考えると、笑ってよいものかどうかわからないけど、でもやっぱり面白いから笑っちまう。
「ヒガシマルのうどんスープ、美味しいよ!」と、唐突に協賛のヒガシマル醤油の宣伝をぶっこんでくるのも最高!ここまで露骨だと清々しいわ!!ジャガーズに「美味しいよ!」って言われたら、うどん食べたくなるじゃないかーー!!

 

挿入歌

そしてGS映画のお楽しみ、挿入歌はこちら!!

♪ダンシング・ロンリーナイト
♪マドモアゼル・ブルース
♪君に会いたい
♪ビート・トレイン
♪哀れなジョン
♪進め!ジャガーズの歌
♪夕焼けのあいつ(泉アキ)
♪虹色の湖(中村晃子)
♪世界は二人のために(円楽師匠・中村晃子・信ちゃん)
♪山男の歌(三波伸介・戸塚睦夫・パンチガールズ・内田朝雄の手下軍団)
♪タイトル不明・謎のアングラソング(誰が歌っているか不明)

今は無き横浜ドリームランドでの演奏シーンなど、見どころイッパイ。
レコードとは別テイクの演奏が聴けるのも嬉しい。

ジャガーズをバックに歌う中村晃子や、サマーランドでの泉アキの歌唱シーンも必見!

特筆すべきは、謎のアングラソング。
東條英機、笠置シヅ子、岸信介、アベベ…などの写真とともに戦後の日本を振り返る歌なのだが、誰が歌ってるのか知らないけど、とにかく強烈すぎる(笑)
「飛ぶ鳥落とす~勢いの~♪東條英機も絞〇刑~♪」って、あんた…。

パロディに、アングラ・サイケに、旧日本兵に、うどんスープに…ほんとにメチャクチャな映画なのは間違いない(笑)
でも、どうしようもなく魅せられてしまう。
出演者が総出で踊り狂うハイテンションなエンディングまで最高にイカしてる、サイケデリック・コメディの傑作です!愛してる!!