昭和名作館

音楽・映画・本など・・・昭和作品あれこれ。

「二百三高地」~~日露戦争、激闘の軌跡

二百三高地
1980(昭和55)年/東映
監督:舛田利雄
出演:仲代達矢/丹波哲郎/三船敏郎/森繁久彌/あおい輝彦/夏目雅子/新沼謙治/湯原昌幸/佐藤允/長谷川明男


日露戦争での二百三高地の激戦を扱った作品。
帝国陸軍が強いられた苦しい戦いを、リアルに描いている。

太平洋戦争を題材とした映画は多いけれど、日露戦争を取り上げた映画というのはそんなに多くないのではないかな。
日本海大海戦』を観たことがあるが、同じ日露戦争を扱った作品でも、こうも印象が違うものかと思った。

開戦前の軍上層部の動きから二百三高地の制圧まで、非常にわかりやすく描かれている。
戦力的に圧倒的不利なのに、まぁよく戦ったもんだなぁと。

軍の上層部と民間人、両方をバランスよく描いているのがよかった。
特に民間人サイド。ちょいと鈍臭いが憎めない豆腐屋・新沼謙治、お調子者の幇間・湯原昌幸、過激だが情に厚いヤクザ・佐藤允、二人の幼子を置いてきた染物職人・長谷川明男。そして、ロシアを敬愛してやまない、あおい輝彦。
戦争を知らない世代からすると、戦争というものは自分たちとは無関係の別次元のものという感覚が強いのだが、どこにでもいるような普通の人たちにとっての戦争を描いたことで、戦争が本当に身近な「すぐそこにあるもの」であるという空気を感じさせられる作品になっている。

戦闘シーンはなかなかリアル。80年代に作られた映画だということを考えると、結構スゴイかも。
最近の日本の戦争映画には、こういう迫力ないよね。
弾が尽きた両軍が石の投げ合いをするシーンは、なかなか衝撃的だった。こんなムチャクチャな戦い方してたんかと。

激しい戦闘が続く中、24時間休戦中の光景がとても印象的。
まるで戦っているのが嘘かのように穏やかな交流をしていたことに驚く。こういうのを見ると、日本軍もロシア軍も、みんなフツーの人間なんだよなぁって思うわ。

佐藤允が乃木大将(仲代達矢)に対して「わしらは消耗品ですさかいに」と言うシーンがある。
それと対照的なのが、児玉(丹波哲郎)が参謀連中に対して「軍の最高指導部がこんなところでストーブを囲んでおって、それで戦争に勝てると思っちょるか!」と怒鳴るシーン。
ぬくぬくとストーブで暖をとる上層部に対し、民間から引っ張られてきて前線に送り出された兵隊は苦しい戦いを強いられ、凍死する者までいる。まさに「消耗品」でしかなく、いかに悲惨だったか。

親露だったのに、やがて憎しみから「ロシア人は全て敵だ!」と叫ぶあおい輝彦。
多くの戦死者を出した上に二人の息子も亡くし、「消耗品」という言葉に心痛める乃木。
ここらへんの苦悩なども、よく描かれていると思う。

そして、ついに制圧。
新沼謙治が日章旗を掲げるシーンは、胸にアツいものが込み上げてくる。


3時間超えの大作だが、最後までダレることなく魅せてくれた。
日本の戦争映画の名作だね。

ひとつ注文をつけるならば…。
休憩に入るとき、主題歌の『防人の詩』とその歌詞が画面に流れてくるのだが、あれは要らないと思う。
『防人の詩』はとても良い歌だし好きだけど、ああいう感動の押し売りみたいな余計な演出は好きじゃない。なんか、あれでちょっと醒めてしまった感があって、非常に残念だった。もっとフツーに休憩に入ってほしかったわ。
さだまさしの歌はエンディングだけにしてくれてたら、もっと感動できたはず。