昭和名作館

音楽・映画・本など・・・昭和作品あれこれ。

「桃太郎の海鷲」~~桃太郎艦長と仲間たちの戦い

f:id:fuwarichan:20151025132803p:plain

桃太郎の海鷲
1943(昭和18)年
製作:藝術映画社
配給:映画配給社


昨日放送された池上彰・櫻井翔の『教科書で学べない戦争』という番組で取り上げられていた、真珠湾攻撃をモデルに戦意高揚のために製作されたプロパガンダアニメ映画。

番組ではちょっとしか触れていなかったので、詳しい内容をまとめておく。


「この映画を大東亜戦争下の少国民に贈る」というテロップから始まる勇ましいオープニング。

航空母艦で忙しく動き回るウサギ・サル・犬・キジ。
艦長の桃太郎が「攻撃の目標は鬼ヶ島艦隊の主力と、赤鬼空軍の撃滅」と、出撃命令を出す。
整備士のウサギたちに見送られ、大勢の犬・サル・キジが戦闘機に飛び乗り出撃していく。

敵地へ向かう機中では犬とサルが積み木遊びをするなど、和やかな空気が流れる。
そこへ、親鳥とはぐれてしまった小鳥が迷い込み、機体の翼に止まってオロオロ。泣きじゃくる小鳥をどうにか慰めようとサルが戦闘機のオモチャを見せると、小鳥は泣きやみ元気を取り戻す。やがて親鳥が現れ、小鳥は無事に親と一緒に飛び立っていった。

敵地爆撃を前にして、きびだんごを食べた犬とサルは元気モリモリ、パワーアップ!!

星条旗らしき旗を掲げた敵の空母に爆撃を開始。
サルが爆弾に跨り敵艦に特攻するのだが、なぜかサルは無事で傷ひとつなし。

その後も攻撃の手を緩めることなく敵を全滅させ、犬・キジ・サルたちは帰還し、勝利の美酒に酔いしれる。

しかし、一機だけ戻ってこなかった。
敵の攻撃を受けて機体が損傷し、海に墜落してしまったのだった。
と、そこへ先程の鳥の親子が現れる。
海に放り出された犬・キジ・サルを親鳥が救い出し、そのまま背中へ乗せて、彼らを仲間の元へと連れて行く。

作戦は成功し、無事全員帰還となったのだ。


昨日の番組でも解説されていたけど、鬼ヶ島=ハワイのこと。ハワイアンミュージックが流れてくるので、わかりやすい。
また、敵艦の乗員は頭に角が生えており、鬼のように描かれている。

1943年公開ということだけど、この時代にこれだけのクオリティの国産アニメ映画があったということに驚く。
セリフらしいセリフは少ないのだが(桃太郎が喋るシーンがちょこっとあるくらい)、個々のキャラクターの動きや表情の瑞々しさが素晴らしい。

姉妹編の『桃太郎 海の神兵』も1945(昭和20)年に公開されている。
こちらの感想はまた明日。